morineki プロジェクト
北条まちづくりプロジェクト
スタートアップ事業
morinekiプロジェクトとは

大阪府大東市は、
大東市公民連携基本計画において、
能動的なまちづくりによりまちへの矜持を
再構築するために、
「自分でつくったまちに住む」を
開発理念とし、
大東に住み、働き、楽しむ、
ココロとカラダが健康になれるまちを
目指しています。

この計画のリードプロジェクトである
「北条まちづくりプロジェクト」は 、
次世代につながる住宅地域の
再生をはかるために、
エリアに点在する公的資産を活用して
一体的、段階的にエリア開発を
進めるものです。

「morinekiプロジェクト」は
そのスタートアップ 事業として、
市営飯盛園第二住宅の跡地に、
全国で初めてPPP手法を用いて、
借上げ公営住宅・民間賃貸住宅の住宅棟、
生活利便施設等の整備を行うものです。

くわしくはお知らせをご覧ください。

お知らせNews
  • いよいよmorinekiがまちびらきします! ※一般オープンは【3/19】です。 ※新型コロナ感染症対策のため、3/13の記者会見および施設見学にご参加いただけるのはメディアの方のみとなっております。メディアの方は当日、…

  • もりねき住宅 入居者さまへのお知らせを掲載しております。 もりねき住宅ハンドブック もりねき住宅ハンドブック 2020.11版

  • 名称とロゴ
    2020.05.26

    morinekiの名称は、飯盛山や森を表す「もり」と、 河内弁で「近く」を表す「ねき(根際)」が 合わさっています。 ロゴマークはmの字形と3本の新芽で表現し、 まちの変化がこの場所から始まり、 成長していく様子を表し…

©︎大東公民連携まちづくり事業株式会社