開発テーマ/開発理念

開発テーマ

〈エリアの特徴〉
「飯盛山」と「権現川」に護られたまち

飯盛山を水源とする権現川は北条地区を緩やかに北東から西へ南へと、地域をまもるかのごとく円弧を描いて流れる。
これは、北条の強いアイデンティティーである。

〈エリアの課題〉 対象エリアの大東市北条3・4丁目では、次のような課題を抱えている。

・空家が増加。高齢者の単身世帯も多い。 ・エリアの住宅地の地価の下落が顕著。
・急傾斜地が拡がり、高齢者の移動を阻害。 ・自然を活かしきれず、生活と自然が分断。
・エリア内の学生と地域との交流が少ない。

開発理念

ココロもカラダも幸せに暮らせる住宅地

多世代が交わり、四条畷駅から飯盛山にかけてのつながりを意識したデザイン性の高い住宅地域として、 ココロもカラダも幸せに暮らし続けられるエリアに再生する。

  • 若い世代の流入を図る多様な住宅の供給
    ・公営住宅 ・エリア内の学生と地域住民が暮らすシェアハウスなど

  • 地域資源を活かした居住地域としての魅力創出
    ・セントラルパーク、山を借景とした豊かなランドスケープの形成 ・健康や環境に配慮した住宅の整備

  • 生活の質を高める利便施設の誘致や場づくり
    ・市内の他地域からの来訪意欲を喚起させるビジネスの導入 ・ハイカーや学生と交流を図る場づくり

©︎大東公民連携まちづくり事業株式会社